491
槿花一日の栄
きんか いちじつの えい
謹花一日の栄、トモイウ。
むくげの花が朝咲いて夕方しぼむコトノように、人の世の栄華の短くはかないことのたとえ。
この世の栄華が長続きすることなく、はかなくむなしいたとえ。
類語として、槿花一晨の栄。
槿花一朝の夢。
朝顔の花一時。
白居易 類語として、朝顔の花一時●Todayaman,tomorrowamouse.(今日は人間、明日はねずみ)
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁