1044
桂玉の地
けいぎょく のち
物価の高い土地(都をさしていう)。
土一升金一升の地のこと。
桂玉=かつらの木と宝石。
蘇秦が楚の威王に向かって、楚の国は物価が高く食料は玉よりもとうとく、薪はかつらよりも高いと言ったことにもとづく。
都門桂玉「桂玉の艱」参照類語として桂玉の艱桂とは日本のカツラではなく、クスノキ科の肉桂(ニツケイなどをさす。
)
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁