1280
桂林の一枝、崑山の片玉
けいりん の いっし 、 こんざん の へんぎょく 
崑崙山は名玉の産地である。
試験に合格してやっと桂林や崑崙山の玉のような高位高官の末席を得たにすぎないというという謙遜のことば。
日本では上級公務員試験に合格したところだろう。
少しばかりの出世のたとえ。
人格高潔なことを意味することもある。
桂とは日本のカツラではなく、クスノキ科の肉桂(ニツケイなどをさす。
)
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁