505
けちん坊の柿の種
けちん坊の かきのたね
けちな人、しみったれの人は役にも立たぬ柿さえも惜しむ。
物惜しみすること。
類語として、しわん坊の柿の種。
袖から手を出すもきらい。
爪に火をともす。
出すことは目の中の塵でもきらい。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁