213
蒹葭玉樹に倚る
けんか ぎょくじゅに よる
実力もない者が親類などの威光で分不相応に引き立てられることのたとえ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁