216
高木に縁りて四方を望む
こうぼくに よりて しほうを のぞむ
高い木に登って四方を見渡すのは愉快だが、大風が吹けば危険であるというところから、実力もないのに高い地位にのぼったり、働きもしないで大金を手にしたりすることは、身をあやまるもとになるというたとえ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁