220
志は木の葉に包む
こころざしは このはに つつむ
たとえ木の葉に包むほどのわずかな物でも、贈る人の真心さえこもっておればそれでよい。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁