514
胡椒の丸呑み
こしょうの まるのみ
胡椒を丸呑みにしては、その味が分からないように、すべて物事はよく味わわなければ、その真の意義が分からないことにたとえる。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁