399
一葉落ちて天下の秋を知る
いちよう おちて てんかの あきを しる
物事のわずかな前兆を見て、その後の大勢を予知することのたとえ。
青桐はほかの樹木にさきがけて落葉する、その一葉の落ちたのを見て、秋が来たことを感じる。
類語として、一葉の秋。
霜をふみて堅氷致る。
From one learnall.(一つのことからすべてを察知する)Pluck the grass to know where the winds its.(風向きを知るために草を 摘みとれ)
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁