1078
砂糖の木へ餠を背負って上る
さとうの きへもちをしよってのぼる
うまい話。
こたえられぬことのたとえ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁