943
一葉目を蔽えば泰山を見ず
いちよう めを おおえば たいざんを みず
目の前にある大きな山も、一枚の木の葉が、目にかぶさると、見えなくなることから、一点の私心におおわれて大きな道理を見失うこと。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁