114
一草一木各一因果
いっそう いちぼく かくいちいんが
草や一本の木にいたるまで、あらゆるものにはその原因と結果があって存在してお り、すべてにそれなりの個性があるということ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁