522
鹿の柵
しかの しがらみ
鹿は萩を折って、しがらみのように臥せることから、萩の異称。
柵は、水流をせくために、杭を打ち並べて、これに竹や木を横たえたもの。
先頭 前ページ 次ページ 最終頁