1096
十囲の木初め生じて蘖なる足掻いて絶つべし
じゅういの きはじめしょうじて ひこばえなるあしかいてたつべし
十かかえもある大木も、ひこばえの時は足でかいてもむしり取ることができる。
わざわいは小さいうちなら簡単に始末することができるが、大きくなってしまうと手におえ なくなるというたとえ。
先頭 前ページ 次ページ 最終頁