527
熟柿主義
じゅくし しゅぎ
熟柿が自然に落ちるのを気長に待つように、好機をじっと待つこと。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁