876
春燕帰って林木に巣くう
しゅんえん かえって りんぼく に す くう
国家が滅亡して、掠奪にあい、耕地は荒され、春帰って来た燕は 住む場所がなく、林に巣をかけるの意。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁