1110
末の露本の雫
すえ の つゆ もと の しずく 
薬末の露と木のもとのしずく。
先とあとの差はあっても、結局は消えやすくはかない人の命であるというたとえ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁