249
雪中の松柏
せっちゅうの しょうはく
雪の中の冬に、他の植物はしおれても、松やこのてがしわは緑を保っているのがわかる。
困難や苦難に出会って後、人の真価がはじめてわかる、また、ふだんはわからないが、大事に遭遇するとはじめて君子の真価が現れることのたとえ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁