945
移木の信
いぼくの しん
約束を固く実行することをいう。
中国秦の商鞅が法律を改正し施行するにあたり、国民に約束を守ることを信じさせようとして、都の南門にある大木について、「この木を北門に移す者には10金を与る」という触れを出した。
果たせるかな人々は疑って木を移す者はひとりもいなかった、賞金を50金に増やしたところ、ひとりの男が木を移したので、約束どおり50金を与えて、政府は約束を守り、人民を欺かないということを実証してみせた故事による。
「木を移すの信」ともいう。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁