549
桑梓
そう し
ふるさと、故郷のこと。
昔、中国で、家ごとに桑とあずさとを垣下に植え、子孫に残して、養蚕と器具用とに供したことから、この木を見れば父母を思うというので、これから桑梓は父母のこととなり、また父母の国、つまり故郷の意に用いるようになった。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁