558
大廈の顛れんとするは、一木の支うる所にあらず
たいかの たおれんとするは いちぼくのささうるところにあらず
大きい建物が、倒れようとしているときには、とうてい一本の木では支えることができない。
国が滅びかけているときのように、大きなものが衰勢に向かっているときには、いかにすぐれていようと一人ぐらいの力では、とうてい救うことはできないということ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁