254
大樹の将に倒れんとするは一縄の繋ぐ所に非ず
たいじゅの まさに たおれんと するは いちじょうの つなぐ ところに あらず
倒れようとする大木をわずか一本の縄で支えることはできない。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁