255
大樹の下に美草無し
たいじゅの もとに びそう なし
大木が茂って陰になっている土地には、よい草ははえない。
英才や傑出した人物の部下はその威光に頭を押さえられて大人物となりえないこと。
また人材の進路がふさがっている所には、有能の人は集まらないというたとえ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁