1133
大木の端には大木を続ぎ小木の端には小木を続ぐ
たいぼくのはしには たいぼくをつぎ しょうぼくのはしにはしょうぼくをつぐ
小国が大国に仕えるには、大国に対する礼があるということ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁