947
伊蘭の林に交れども赤栴檀の香は失せず
いらん の はやし に まじ われども しゃくせんだん の か は う せず
せんだんは香りのよい木でなので、悪臭の木の中にまじっても芳香を失わない。
正しい人は毅然として周囲の醜さに影響されないことのたとえ。
伊蘭とはインドの伝説上の高木で、悪臭ひどく、せんだんの香を失わせ、花は紅色で、食すれば発狂するという。せんだんは日本のせんだんとは異なる。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁