760
沈丁花は枯れても香し
ちんちょうげ は か れても かんば し
もともとよいものは、たとえ盛りを過ぎてもねうちを失わないというたとえ。
沈丁花が 枯れてもなお、よい香りを漂わせるところから。
類語として、腐っても鯛/破れても 小袖
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁