1148
天に在らば比翼の鳥地にあらば連理の枝
てんに あらば ひよくの とり 、 ちにあらば れんりの えだ 
夫婦の情愛の深いたとえ。
白楽天の長恨歌に、七夕の夜、玄宗と楊貴妃が永久に 夫婦でいようと誓ったことを歌った詩句。
(長恨歌伝にはただ「願世々為二夫婦一」 とある)比翼の鳥=伝説上の鳥。
一目一翼で雌雄二羽が一体になって飛ぶ。
また、 翼を並べてとぶ鳥。
男女の契りの深いのにいう。
連理の枝=木の枝が別の木の枝 と連って、一本に化したもの。
男女夫婦の契りのむつまじいたとえにいう。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁