1160
蠹啄みて梁柱を剖く
と ついばみて りょうちゅうを さく
のむし(木食い虫)が木を食って、ついには、梁や柱まで食いやぶる。
わざわいは小 さいうちに除くべきであるということ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁