1150
どうにもならぬは背戸の柿の木
どうにもならぬは せどのかきのき
どうにもならないと事を、日かげで実がならない柿の木にかけて言ったもの。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁