582
鳥は木を択べども木は鳥を択ばず
とりは きをえらべども きは とりを えらばず
鳥はどの木に止まろうか、と選ぶことができるが、木の方では動くことができず、ど の鳥を止まらそうとすることはできない。
つまり、人には居住地を選択する自由はあ るが、地には居住する人を選択する自由はない。
そのように、臣には君を選ぶ自由 はあるが、君には臣を選ぶ自由がないということ。
これは孔子が孔文子のもとを去 る時のことばである。
類語として、鳥に木を択ぶの性あり魚に潭を選ぶの情有り。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁