387
悪木盗泉
あくぼく とうせん
悪い木の陰で休息すればその身が汚れる。
盗泉という悪い名の水を誤って飲んでも心が汚れる。
高潔な者、そうなりたい人は、そういうところに接近しないように身を保持していることをいう。
盗泉は山東省泗水県にある泉の名で、孔子はこの名を憎んで、その土地に泊らず、また水も飲まなかったという。
類語として、悪木に蔭せず。
渇しても盗泉の水を飲まず。
悪木の陰に憩わず。
孔子は盗泉の流を飲まず、曽子は勝母の閭に入らず。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁