281
生木の燃えたちしと百姓の怒り立ちし程恐ろしきものなし
なまきの もえたちしと ひゃくしょうの いかり たちし ほど おそろしき ものなし
燃えにくい生木もいったん火がつけば激しく燃え上り、農民はひとたび一揆(いっき)となって立ち上ると、手がつけられない程に勢いが盛んとなり、共に恐ろしいもので ある。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁