1174
二月の木股裂け三月のくれ隠し
にがつの きのまたさけさんがつのくれかくし
長野県のことわざ、陰暦二月にはいって、木のまたが裂けるような大雪が降ったり、また、三月に畑のくろが隠れるほど降ることがあること。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁