1176
入本
にゅうぼく
王義之が木の板に書いた字は、墨が三分の深さまでしみ込んでいたという故事から、筆跡のすぐれていること。
これから書道を入木道という。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁