594
ねじれた薪もまっすぐな焔をたて
ねじれた たきぎもまっすぐなほのおをたて
間違ったやり方や原因から、正しい結果が生ずることをいう。類語として、怪我の功 名。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁