291
登れない木は仰ぎ見るな
のぼれ ないきは あおぎみるな
自分の力にふさわしくないこと、身分不相応なことを望んではならない。程よいところで満足せよということ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁