1188
梅酸渇を休む
ばいさん かつ を やすむ 代用の物でも一時はまにあわせの役にたつことをいう。
魏の武帝が軍隊を引き連れて道に迷い、水がなくてかわきに苦しんだ際に、前進すれば実のなった梅林があってかわきをいやすことができると励ますと、士卒は梅と聞いて口中につばが出て、進むことができたという。
「梅を望んで渇を止む」参照
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁