602
鳩に三枝の礼あり、烏に反哺の孝あり
はとに さんしのれいありからすにはんぽのこうあり
子鳩は、親鳩よりも三枝下に止まる礼儀を知っており、烏は、ひなのとき、親から養われた恩に報いるために、成長の後、親烏の口に餌を含ませる孝の道を心得ているという。
このように礼を知り、孝を行なうのであるから、まして、人間はそれらの徳をよくふみ行なうべきである、という意である。
類語として、鳩の子は親鳥より枝を下って礼儀を述べ烏の親の養いをはごこみ返すもみな孝行。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁