604
花咲く春にあう
はな さくはるにあう
時に巡りあって世に出ること。
今まで認められなかった者が、ようやく認められて、世に出て手腕を発揮するようになること。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁