713
独活の大木 
うどの たいぼく
うどの茎は大きいが、弱くて役にたたぬところから、からだが大きいだけで、なんの役にも立たない者をあざけって言うことば。
類語として、独活の大木柱にならぬ。
大男総身に知恵が回りかね。
大男の見かけ倒し。
大男の殿。
千人持のこんにゃく。
馬鞭馬腹に及ばず。
大男総身に知恵がまわりかね。
《対》山椒(さんしょう)は小粒で もぴりりと辛い。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁