304
花は山人は里
はなは やま ひとは さと
物にはそれぞれに、ふさわしい場所があるということ。
桜の花は深山に行って、人知れず咲いているのを見ると、その美しさを眺めることができ、人間は人里に行っ てはじめて、豊かな経験を経た人に会うことができる。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁