1208
花を踏んで同じく惜しむ少年の春
はなをふんで おなじくおしむしょうねんのはる
落花を踏みながら、少年の春を惜しんで散歩する。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁