615
葉をかいて根を断った
はをかいて ねをたった
つまらぬ末端のことにかかわりあって、肝心な根本を損なってはならない、ということ。
類語として、枝をためて花を散らす。
角をためて牛を殺す。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁