618
櫝を買いて珠を還す
ひつを かいて たまをかえす
本当の値打ちがわからず、外面の飾り、うわべの美しさにのみ心を引かれること。ほんとうに尊いものの値打ちがわからない。方法を誤って目的を失うこと、間違った方法で目的を見失うこと
ひつは櫃のこと。
昔、楚の人が木蘭(もくらに=モクレンのこと)で箱を作り、これを美しい珠玉で飾ったが、鄭の人が、その箱の美しさに眼がくらんで、中の珠の値打がわからず、箱だけ買って珠を返したという「韓非子」の故事による。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁