619
日照の高木履
ひでりの たかぼくり
日がかんかん照っている時に、歯の高い足駄をはくことで、不似合いなことのたとえ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁