927
一つ栗が落ちたよう
ひとつ くりがおちたよう
一家の大黒柱が亡くなって、火が消えたような状況をいう。
(新潟)
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁