620
人の女房と枯木の枝振り
ひとの にょうぼとかれきのえだぶり
どうでもよいことのたとえ。
よその女房や枯れ木の枝ぶりは、あれこれ気に病んでみたところでしょうがない。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁