312
人は十歳木は一丈
ひとは じっさい きは いちじょう
木の高さが一丈になればその成長ぶりが推測できるように、人間も十歳になればその将来性が予測できるということ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁