734
人、木石に非ず
ひとぼくせきに あらず
感情を持たない木や石とは違い、人は喜怒哀楽をさまざまな形で表す、血の通った感情豊かな動物であるということ。
「木石に非ず」だけでも使われる。
類語として、Apersonismadeoffleshandblood.(人は血肉からできている)
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁