81
檜山の火は檜より出でて檜を焼く
ひのきやまの ひは ひのきより いでて ひのきを やく
ひのきの枝と枝とがすれ合って、自然発火して山火事を出すこと。
自分の行為や自分の名がもとで自ら苦しむたとえ。
類語として、奥山の杉のともずり
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁